Season's Cake

旬のフルーツをたっぷり使った季節限定のケーキ

アップルウォルナッツケーキ

アップルウォルナッツケーキ 

メインショップ販売時期 10月頃
しっとりとコクのある生地のどこを食べてもリンゴとくるみ!そんなアップルウォルナッツケーキのおいしさの決め手は、なんといってもリンゴの自然な甘さとフレッシュな酸味です。香料を一切加えず、優しい甘さのブラウンシュガーや香り高いスパイスなど、自然の素材だけで丁寧に仕上げました。素朴さの中にも洗練された深い味わいをプラスしています。

  • フラッフィーフルーツケーキ

    フラッフィーフルーツケーキ

    メインショップ販売時期 12月頃
    しっとりお酒が染み込んだふわふわのフルーツケーキ。
    フルーツケーキなのに軽い…!軽くてあっさりしているけど、フルーツの風味が活きています。
    ナチュラルなドライフルーツを使いました。

  • ズキーニブレッド

    ズキーニブレッド メインショップ販売時期 夏頃

    イタリア原産の夏野菜「ズキーニ」。見かけはきゅうりに近いかぼちゃの一種です。
    少しほろ苦いこの夏野菜が、すばらしいスイートブレッドに仕上がります。野菜を使うお菓子の中で、キャロットケーキ・パンプキンパイに次ぐほど、全米ではポピュラーなお菓子です。

  • アップルアップサイドダウンケーキ

    アップルアップサイドダウンケーキ

    メインショップ販売時期 秋頃
    新大陸に渡った開拓者達にオーブンが普及していなかった頃、お菓子を作るには、厚手の鋳物の鍋にバターとブラウンシュガーを溶かし、フルーツのスライスや木の実を並べてケーキの生地を流し込んで、薪ストーブの上でそのまま焼いていたようです。
    冷まして、鍋のままひっくり返せば、たちまちケーキのでき上がり。そのケーキの上には、きれいに並んだフルーツに、飴色のグレーズ(うわがけ)が、かかっていました。
    まだ物がない時代の人達が、手元にある材料を使って、いかにして美味しいお菓子を作るかという、創意と知恵に感心します。

  • ピカンパイ

    ピカンパイ メインショップ販売時期 11月頃

    こんがり焦げた飴色のフィリングが、なんとも魅惑的なピカンパイ。
    香ばしいピカンナッツのカリッとはじける食感、パイ生地のサックリ感、コーンシロップと卵をたっぷり使った濃厚なフィリングのトローリ感、さらにレモンのスッキリとした香りなど、素材の個性が豊かに共演する自信作。
    こんなにかわいいルックスで、おいしさは見た目以上の実力派なのです。